レディ

家庭でもパン作りを行ないたいならパン教室に通おう

菓子職人になるには

パティシエ

パティシエは菓子の製造に携わる職人のことをいい、近年は非常に人気の高い職業となっています。通常は調理師系または製菓系の専門学校で必要な技術や知識を学んでから洋菓子店やレストラン等への就職を目指します。持っていると菓子作りの役に立つ資格が取得できる専門学校もあります。

コツをつかむ

パン

基礎を学ぶ

パンは、小麦粉に水や酵母を混ぜ発酵させて焼いたものです。材料や発酵の仕方によって味わいや食感が変わり、その違いが楽しめます。例えば、小麦粉といっても強力粉や中力粉、薄力粉そして全粒粉など種類がたくさんあります。また、発酵させるものにも天然酵母やドライイーストなど種類があります。これらの特色を組み合わせることで、パンそれぞれの風味を楽しむことができます。ただ、そこにはちょっとしたコツが必要です。大切なのは酵母をうまく発酵させるための知識です。それを一番学べるのは、パンの教室です。教室で実際に生地をこねることで、柔らかさや温度など、必要なことを体感できます。材料や酵母によって作り方が変わってくるので、教室で実際に触ってみることで、力加減や温度を知ることができます。そして、教室で教わったことを生かすと、自宅でも自分の好みのパンを焼くことができるのです。

誰でも楽しめる場所

パンの教室は、公民館で教えてもらえるような身近なものや、プロを目指すことを目的としたもの、そして子ども向けの教室までたくさんあります。つまり、年代に関係なく誰でも身近でパン作りを楽しめる教室が用意されているのです。また、材料によって工夫されているところもあります。パンを作るには、発酵させるためにどうしても時間がかかります。特に、天然酵母は一次発酵だけで6時間以上かかります。それだけに味わいが深く人気もあるのですが、教室によっては一次発酵まで準備をしておき、続きから生徒が始められるという工夫をしている場所もあります。楽しみながらパンを作る方やさらに上を目指す方など目的は違っていても、それぞれの目的にあった方法で、パンを習うことができます。

即戦力になるための学校

ウーマン

製菓学校では、カフェに就職したり、店舗経営をするうえで必要なことを学べる、カフェに特化した学科があります。各フードやドリンクの作り方を幅広く習得可能です。学内店舗実習など専門学校ならではの授業が用意されています。

コーヒーのプロを目指す

バリスタ

バリスタの資格が取得出来るスクールは、様々な目的で利用されています。実生活でも役立つのが、スクールのカリキュラムです。プロを目指す場合は、コーヒーの技術とともに接客スキルも必要になります。スクールの講座を利用して、バランスの良い力を身につけます。