女性

家庭でもパン作りを行ないたいならパン教室に通おう

  1. ホーム
  2. 菓子職人になるには

菓子職人になるには

パティシエ

子供にも人気の職業

パティシエといえば、近年は小学生が挙げる「将来なりたい職業ランキング」の上位にも名を連ねるなど、人気・知名度ともに上昇している仕事です。パティシエは菓子の製造を業とする職人の意味で、特に断りがない限り通常は洋菓子の製造を指します。またこの言葉は本来は男性を指すフランス語で、女性についてはパティシエールと呼びますが、わが国ではそれほど厳密な使い分けをしていません。パティシエには特別な資格は必要なく、まったくの未経験者でも目指すことは可能です。ただ、現実には多くの職場では即戦力のある人材が求められており、白紙の状態で業界に飛び込むのは容易ではありません。そのため、パティシエを目指す多くの人は菓子作りに必要な知識や技術を学ぶために専門学校に通ってから就職を目指しています。

技能を学んで就職を目指す

パティシエになるのに必要な技能が学べるのは、全国の調理師専門学校や製菓専門学校です。多くは2年制となっており、夜間部を設けているところもあります。こうした専門学校で学ぶことには、菓子作りに必要な技術等が学べることの他にもう1つメリットがあります。それは、パティシエになる際に持っていると役に立つ資格のための勉強ができることです。パティシエに特別な資格は必要ないと先に述べましたが、それでも取得しておけば就職の際に歓迎される資格というものがあります。それは製菓衛生師で、菓子作りの技術の他、公衆衛生や食品添加物など、食の安全に関わる知識を有する者に与えられる資格です。この資格を取得するには、菓子製造の現場で実務経験を積むか、指定された製菓専門学校で1年以上学習するかのいずれかが必要になります。